イメージ画像

自動車保険比較

自動車保険は自動車の所有者が自動車に関連して起きる事故、盗難、自然現象及び時間経過による劣化による運転中の破損等、トラブルの損害を保険会社の支払う保険金(給付金)によって賄うために加入する保険である。

大まかに分けると自動車保険は、車の所有者全員が自動車損害賠償保障法(1955)によって加入を義務付けられている強制保険と強制保険では保証されない損害から被害者加害者双方を救済するために加入する民間の任意保険に区別される。
家に例えて言うならば任意保険は強制保険の上に積みあがった2階建部分だと言える。
任意保険のメイン部分に付随して利用者の利便性を高めるサービスを提供する契約を結ぶことを特約と言うが、特約を含めると自動車保険は3階建てになると言える。

 

自動車保険の保証内容は、対物、対人、搭乗者傷害、車両等保険の種類によって異なるが利用者によってどの部分を手厚く保証すべきかが変化するため、保険の契約内容は人ごとに異なりほぼオーダーメイドに近い状態になる。
先ほど保険を建物に例えたが、強制保険と任意保険と言った保険制度自体の構造が家屋の外観にあたるものならば、各補償の内容はその建物を構成する部屋に例えられる。

家屋でも、ひとつずつ間取りが違い部屋の広さも異なり、様々な条件によってその家全体の価格が決まるが、保険もまたその保証内容と組み合わせによって支払うべき保険料が変わってくるのである。
家のスペックや価格が施工業者によって変わってくるように、利用者にどれぐらいの保険料を課すか、その保険がトラブルによって生じた損害のうち、どれぐらいの範囲を保証するかは提供元の企業によって異なる。
そのため、簡易見積もりなどを利用し多くの企業のサービスを比較検討することが自分のニーズに合った保険を選ぶための近道となる。
自動車保険を選定する際に有益な情報には、他に公式ページやパンフレットによって企業から開示される約款の情報、実際に利用したユーザーの口コミなどがあるため活用していただきたい。

2013年1月9日

このページの先頭へ